【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄のブログ-つぶや記

トップページ > つぶや記 > その他 > 市会議員の毎日(地元編)

September

12

2019

市会議員の毎日(地元編)

いつも政策提言や議会活動の報告ばかりですが、実は市会議員の大きな仕事のひとつに、市民の皆様から寄せられたご相談の解決という仕事があります。
皆さんから「何を相談すればいいの?どこまで相談していいの?」といったご質問を頂きますので、今回はご参考までにそんなご相談のご報告をしたいと思います。

①地域のご相談
一番多いのが地域の土木関係のご相談です。土木はとても相談が多いので、今回は例として、当選直後の地元下鴨の相談だけをご紹介します。(画像参照)
他にも、最近お受けしたのは私道の補助(岩倉)、ゴミ収集(下鴨)、孤独死に伴う衛生問題と危険家屋の対処(田中)、公共建設物除去に伴う隣人の苦情(大見)など相談は多岐に渡ります。
また、先日設置が決まった下鴨貴船町南部の市政広報掲示板の新設(中川原公園前)などもお預かりした仕事です。
こうした小さなお困りごとの相談はもちろん、下鴨学区児童館設置要望、松ヶ崎アピカルイン跡地マンション建設や聖護院蓮華蔵町大型ゲストハウス建設を巡る地元紛争といった地元の大きな課題もやっております。

②役所に対するご相談
「役所の対応が悪い」「行政のことで納得いかない」「00番のバスの運転手の運転が荒い」といったご相談から、「役所のどこの部署に相談に行ったらいいかわからない」という質問や「市長へ表敬訪問をしたい」「自転車のマナーをよくしてほしい」まで、多岐に渡ります。対応できるもの、できないもの、また調査を要するものまで色々ですが、ここから新しい政策が生まれることもしばしばあります。とりあえずご意見頂けると幸いです。

③ご紹介のご相談
意外と多いのが、人を紹介してほしいというご相談です。私たちは人と人をつなぐマグネットだと思っています。「弁護士さん紹介してほしい」といったご相談から「こういう問題はどこの団体に行けばいいの?」「〇〇なお仕事してる知り合いいないか?」「相続なんだけど、いい税理士と不動産屋いない?」など出来る範囲で色々な人や会社をつないでいます。

何でもご相談ください。もちろん出来ないこともございますが、精一杯させて頂きます。

20190912.jpg