【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄のブログ-つぶや記

トップページ > つぶや記 > 政策 > 大阪サミット、京都も手を挙げろ!

June

04

2018

大阪サミット、京都も手を挙げろ!

2019年、G20サミット首脳会議の大阪開催が決定した。世界の首脳が一堂に日本に集まり、世界のメディアが注目するサミットがお隣の大阪で開催される。サミットは日本を世界にアピールする絶好の機会だ。だとすれば、お隣の京都市が黙って見過ごす手はない。伊勢志摩サミットの行程に伊勢神宮が組み込まれたが、サミット会場から京都まではヘリで15分、伊勢志摩サミットのときの伊勢神宮と比べても時間的にはそれほどの差はない。大阪にとっても大阪万博誘致の為にも、京都に近いことをアピールしたほうが有利だろうし、オール関西でバックアップする省庁になるのではないか。是非、お越し頂きたい。
是非京都御所へお越し頂き、紫宸殿の前で例の写真を撮って頂いてはどうだろう。5月1日に即位される陛下にもお会い頂く機会があったほうがいいという声も政府筋からも聞こえてくる。ただ、東京に寄って頂くことも日程的に厳しい。かといって大阪に陛下に来て頂くのも不自然だ。そこで、陛下主催のG20向けの園遊会を京都御所で開催してはどうだろうか。大がかりなものではなく、首脳とご婦人だけのお茶会程度がいい。国際経験豊かな雅子妃殿下のデビューにしてもこれ以上相応しいものはないと歓迎されるのではないかと思う。雨が降っても京都迎賓館・藤の間を使えば十分対応できる。京都御苑内のグラウンドにヘリを下せば午前中の行程で完結する。待ち時間には迎賓館でお茶を振る舞ってもよいし、仙洞御所をご覧頂いてもいい。パフォーマンスをするなら時代祭の行列の一部をご披露してもいいのではないか。(時代祭が世界に配信される絶好の機会だ。)また、明治150年という節目の翌年ということもあるので、近代日本の夜明けである大政奉還の舞台・元離宮二条城を舞台装置にしてもいい。二の丸御殿の大広間や車寄せの前で写真を撮って頂くのもひとつではないか。まさに「日本に京都があって良かった」という言葉にふさわしい京都を世界にアピールできる、また京都が日本のお役に立てる最高の舞台だ。
 もうひとつ、同時開催で関係閣僚会合が全国各都市で行われる。前回でいうと、オバマ大統領がやってきた広島で外相閣僚会合、財務閣僚会合は仙台で行われた。これらは自治体が手を挙げ、内閣が選定をする。既に外相会合だけは福岡市で内定しているが、他の関係閣僚会合は未定だ。もちろん手を挙げるべきだ。ちなみに前々回の2008年は京都市で外相会合をやっている。
黙って見過ごす手はないと思うが、京都市は動くだろうか?!
(2018年3月2日予算委質疑より)

G8_Summit.jpg