【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄のブログ-つぶや記

トップページ > つぶや記 > 政策 > 京都党予算要望の回答書が届きました。

March

06

2017

京都党予算要望の回答書が届きました。

一年間の総決算である予算要望を11月に提出しました。毎年、各政党が市長に対し、「ここに予算つけて」「あそこに予算まわせ」というやつです。今年は、予算要望にも関わらず、「ここに予算を」は最小限に留め、「予算不要」「増収対策」「戦略的投資」(一時的に予算を使っても最終的に増収に繋がる対策)「減額対策」などに分けて、総合的に予算編成を進めるように提言しました。例えば、電子カルテと共通診察券を導入すれば、一時的にコストが掛かるが、結果、カルテを他の病院の共有でき、無駄な診療や過剰な投薬を省けコスト削減につながるといった具合です。とにかく我が党は財政再建が最優先。持続可能な財政を目指すよう提言しましたが、今年は証明書のコンビニ交付、市バス前乗り後降り実験、生活保護の現物一括購入、市営住宅改革、救急相談センター検討開始など色々と提案を予算に盛り込まれました。
詳しくは↓
http://www.kyoto-to.com/blog/cong_rep/20161206.html