【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄のブログ-つぶや記

トップページ > つぶや記 > 政策 > 生活保護の一歩手前で生活再建を!

February

09

2017

生活保護の一歩手前で生活再建を!

生活保護が増加の一途だが、ある日突然生活保護になる場合もあるが、じわじわ生活苦に陥るケースが多い。生活保護はほとんど貯金が尽きてどうしようもなくなってからやってくるが、そこに至る前に生活再建の手を差し伸べることが出来れば、生活保護の増加にも歯止めをかけることも出来る。それは、何より一日も早く生活再建できることは当事者にとって大きい。
野洲市では滞納は生活のひとつのSOSのシグナルと捉え、市税やその他の債権(保育料、市営住宅家賃、給食費など)を一元化して管理している。これは徴収業務を一元化することで行政コストを下げる効果も大きいが、失職・病気などで滞納に陥る生活困難者に早期に発見し、生活再建の支援をすることが狙いだ。サポートは生活困難者にとってもメリットが大きく、一緒に親身になって生活再建について考えるので徴収率も上がり、ひいては生活保護費の抑制につながる。個人情報の問題、縦割り行政の課題を乗り越え、早期に市債権管理条例を制定し、生活再建チームを作り、彼らに手を差し伸べるべきである。
(28年10月決算委員会)