【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄のブログ-つぶや記

トップページ > つぶや記 > その他 > なりたくない職業一位「政治家」を志す貴方へ。

January

06

2017

なりたくない職業一位「政治家」を志す貴方へ。

「今の政治家に政治を任せておけない!」
そう立志したのは15歳の頃でした。右も左も分からない少年でしたが、松沢成文代議士をはじめ多くのご縁に恵まれ、25歳で初当選、今日までやってまいりました。私は本当に恵まれてます。
志はあっても、閉鎖的で情報開示を嫌う政界。
志願者が一番の壁は「どうしたら政治家になれるかがわからない」。
でも、政界は政党問わず人材が枯渇しています。なにせ「なりたくない職業一位」という不名誉な称号が与えられる業界です。なり手がいなけりゃ優秀な人材も育ちません。
私は党派を超えて、優秀な人材の政界での活躍を切望しています。私の事務所からも何人も議員が誕生しています。
冒頭のような、同じような思いをお持ちで素晴らしい方がいるならば、私は党派や地域を超えて、憚りながら、お役に立ちたいと思っています。大したアドバイスもできませんが、一言お声かけ下さい。出馬するか否か、できるか否かぐらいの判断材料ぐらいにはなれるのではと思っています。
HPやFBのメッセージからご連絡ください。