【京都市左京区市議会議員】京都党代表-村山祥栄公式サイト

トップページ > 政治活動 > 選挙 > 市会議員選挙 > 市会議員選挙 第四期(2015年)

市会議員選挙 第四期(2015年)

ご挨拶(4期目の統一地方選を終えて)

謹啓
 青葉の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび2015年統一地方選挙にあたり、皆様方には多大なるお力添えを賜り、誠にお世話になりました。
 お蔭様で無事4選を果たすことが出来ました。ひとえに皆様方のご指導、ご鞭撻の賜物であり、その期待に対し、身の引き締まる思いでございます。
 但し、このたびの選挙は、個人戦ではなく、京都党を挙げた団体戦、総力戦でありました。市議会では一議席増の五議席を獲得し、念願の交渉会派入り(これで全ての委員会に議員を配置でき、質問時間の延長、毎議会ごとの代表質問権の獲得、議会運営での交渉権などが与えられた)を果たす事が出来ましたが、初進出の府会では議席獲得ならず、多くの同志を議会へ導くことが出来ず、痛恨の極みです。とりわけ、地元左京においては府会の大西候補を送り出せないばかりか、複数擁立であるにも関わらず懸命に戦ってくれた疋田候補まで辛酸を嘗める結果となりました。
 低投票率、大阪からの維新旋風など様々な外部要因はあるものの、全ては党の責任者たる小生の不徳と致すところです。私にとっては、通算五度目の選挙ですが、これまでの選挙に増して、最も多くの反省と課題が残った選挙であると同時に、最も学びの多い選挙だったと自負しております。
 今回学んだ教訓を胸に刻み、驕らず謙虚に、そして大胆に、寄り添い触れ合い、しっかりと今期頂きました任期をつとめて参りたいと存じます。
 今後とも引き続き指導ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

敬白
平成二十七年五月吉日
京都市会議員 村山祥栄

市会議員選挙 第四期(2015年)1 市会議員選挙 第四期(2015年)2 市会議員選挙 第四期(2015年)3

開票結果

左京区(定8-立13)
候補者氏名 当落 年齢 党派 新旧 当選回数 得票数(得票率)
村山 祥栄 37 4 7,130(12.9%)
加藤 あい 39 4 5,569(10.1%)
樋口 英明 45 4 5,288(9.6%)
隠塚 功 51 4 5,155(9.3%)
大西 健嗣 40 1 4,929(8.9%)
国本 友利 46 2 4,445(8.9%)
宇佐美 賢一 44 1 4,179(7.5%)
鈴木 正穂 66 8 3,825(6.9%)
冨樫 豊 40 3,814(6.9%)
巻野 友彦 37 3,601(6.5%)
桜井 泰広 51 3,284(5.9%)
広海 緑朗 50 2,282(4.1%)
疋田 大 30 1,829(3.3%)

12年越し、念願の交渉会派入り

5月議会が開会。これまでと違うのは交渉会派入りしたこと。地方の小さい議会では議会のことは全員協議会という議員全員で協議する機関があるのだが、京都市会は交渉会派のみで全てのルールを決める為、交渉会派にならないと何も言えない。
そもそも、交渉会派でなければ本会議場での質問すら行えない状態だった。私の一期目の最後に交渉の結果、異例の特例として質問を認められ、4年前からは非交渉会派にも配慮して質問権が与えられたが、あくまで年に2回と限定された。質問時間の延長も認めらえず、他会派との交渉もほとんど出来ない環境だったが、このたび12年越しに望んだ交渉会派となり、活動の幅も大きく広がった。引き続き、江村団長を中心に必ず結果を出せるよう精進していきたいと思います。宜しくお願いします。

京都党マニフェスト

マニフェストについては京都党HPをご覧ください。
京都党マニフェストはこちら